考える女性とウィルス
  • ホーム
  • 女性の性感染症とその症状について

女性の性感染症とその症状について

薬と水のグラスを持つ人

女性の性感染症にはいろいろな種類があり、その症状も多様です。
多くは、男性との性交渉により感染することになるのが女性の性感染症ですが、自覚症状がはっきりと現れないものもありますので、そのあたりは非常に怖いところでもあります。

中でも、近年男女ともに増加してきているのが、「クラミジア感染」です。
クラミジア感染では、男性の場合は比較的自覚症状が現われやすいですが、女性の場合、痛みをはじめとする不快感、違和感はそれほど明確には現れない感染症の典型であるといえます。

女性に見られる症状は、帯下(たいげ=いわゆる「おりもの」)が増えてきて、しかもその色や質感に変化がみられます。
また、帯下のにおいが強くなり、さらに帯下がない状態でも、膣から漂うにおいは強く、帯下と同系等のにおいを発することがあります。
また、症状が悪化すると、腹部に鈍痛を伴うことも珍しくありません。

また、帯下の変化による症状は、女性の瀬感染症の典型になりますので、帯下に変化が見られたときには、何らかの感染症の疑いがあることを想定し、症状があまりにも長引いたり、痛みやかゆみを伴う合併症が現れるようであれば、病院に行って検査をすることが大切です。
帯下に変化が見られる性感染症は、クラミジア感染のほかに、「膣カンジダ」、「トリコモナス膣炎」、「細菌性膣症」などがその典型的な感染症です。
いずれも感染経路は、「相手の男性」ということになりますから、行為の際には、必ずコンドームを着用することを相手に促し、オーラルセックスはできるだけ避けることをおすすめします。

上記のような予防さえしていれば、こうした感染症にかかることはあり得ませんので、とにかく予防が大切です。

サイト内検索
人気記事一覧